1959(昭和34)年 鹿児島県生まれ。
1978(昭和53)年 三代目 三遊亭圓歌に入門。
1982(昭和57)年 二ツ目昇進、三遊亭きん歌となる。
1987(昭和62)年 真打昇進、初代 三遊亭歌之介となる。
1991(平成3)年  国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞。
2019(平成31)年3月 四代目 三遊亭圓歌を襲名する。 

爆笑王として知られる落語界の重鎮、三遊亭圓歌を師匠にもち、次世代の爆笑王候補として期待が寄せられている三遊亭歌之介。入門9年にして、18人抜きの大抜擢で真打昇進を果たし話題となった。
古典新作の両方を器用にこなし、故郷では鹿児島弁の落語を披露するなど芸達者な落語家の一人。新作落語には、自身の少年時代や母親のこと、さらには時事ネタや健康ネタまで豊富な題材が盛り込まれ、田舎出のローカル感覚を生かした絶妙な話芸が観客の爆笑を誘う。
「転失気」「替り目」などは独特の味わいを出し、出世作となった「寿の春」や高校時代の友人との爆笑の思い出を語る「田畑くん」、血液型をネタにした人気作「B型人間」など自作も多い。
1990年には鹿児島県から「さつま大使」の任命を受け、地元や九州で特に高い人気を誇る。精力的に展開する独演会や落語会の他にも、映画『ひっとべ』や『北辰斜にさすところ』に出演しており、幅広く活躍。目の前の客を笑わせることに全身全霊を傾ける、熱き噺家である。2019年3月、 四代目三遊亭圓歌を襲名。
1947(昭和22)年 3月2日生まれ。山梨県大月市出身。
1968(昭和43)年 三代目 三遊亭遊三に入門。
1969(昭和44)年 三遊亭遊吉として初高座。
1973(昭和48)年 二ツ目昇進、三遊亭小遊三となる。
1983(昭和58)年 真打昇進。日本テレビ『笑点』大喜利メンバーに参加。
2001(平成13)年 文化庁芸術祭 優秀賞受賞。

日本テレビ『笑点』の大喜利メンバーに加え、1986年結成、林家こん平が監督の「らくご卓球クラブ」ではヘッドコーチを務め、また春風亭昇太らも参加している噺家バンド「にゅうおいらんず」ではトランペットを担当するなど、実に多彩な顔をもつ落語家。高校時代には卓球部のキャプテンを務め、東京オリンピック聖火ランナーにも選ばれた。
さらに1966年度の山梨県卓球選手権で優勝し、近年は世界ベテラン卓球選手権大会にも出場を果たすほどの腕前を誇る。『笑点』の大喜利にも卓球で鍛え上げたセンスが冴え渡り、どんな出題にも核心を突いた答えを返し、会場を沸かせている。 またネタは幅広く、特に「大工調べ」「粗忽の釘」などの滑稽噺を得意としており、時流を踏まえながら独自のアレンジを加え、高座で披露している。『笑点』大喜利でのキャラクターそのままに、明るく爽やかな弁舌で観る者を魅了する噺家だ。
1950(昭和25)年 東京都生まれ。
1970(昭和45)年 五代目 三遊亭圓楽に入門。
1976(昭和51)年 二ツ目昇進。
1977(昭和52)年 日本テレビ『笑点』大喜利メンバーになる。
1979(昭和54)年 放送演芸大賞 最優秀ホープ賞受賞。
1981(昭和56)年 真打昇進。
2010(平成22)年 六代目 三遊亭円楽を襲名。

青山学院大学在学中に、五代目三遊亭圓楽にスカウトされて入門。27歳にして日本テレビ『笑点』大喜利のメンバーに加入し、林家木久扇に次ぐ古参メンバーとして今もなお活躍する。またこれまで数多くのテレビ・ラジオ番組に出演し、“楽ちゃん”“楽さん”の愛称と飾らない人柄で多くの落語ファンから愛されている。もちろん友達もたくさんいる。
本業においては、卓越した構成力と演出法が評価され、全国で独演会や落語会を積極的に開催し、落語人気の土台を支えている。
笑いや健康の大切さを説く講演会も、楽しく分かりやすいと評判。税に対する造詣も深く、税務大学校の講師を35年以上も務めている。還暦を迎えた2010年3月に、六代目円楽の名跡を襲名。
40年近いキャリアのゲートボールでは(公)財団法人 日本ゲートボール連合のアドバイザーを務めている。
博多・天神落語まつりのプロデュースを含め、東西の落語界の交流にも力をそそいでいる。
1959(昭和34)年 静岡県生まれ。
1982(昭和57)年 春風亭柳昇に入門。春風亭昇八を名乗る。
1986(昭和61)年 二ツ目昇進。春風亭昇太となる。
1989(平成 元)年 NHK新人演芸コンクール 優秀賞受賞。
1992(平成4)年  真打昇進。
2000(平成12)年 国立演芸場花形演芸大賞 大賞受賞、文化庁芸術祭 大賞受賞。
2016(平成28)年 日本テレビ『笑点』六代目司会者に就任。
2019(令和元)年 6月 落語芸術協会 会長に就任。

新作落語の創作活動に加え、昇太独自の解釈で古典落語に取り組み、芸術祭大賞を受賞するなど、新作、古典を問わず高い評価を得ている実力派真打。
さらに、演劇への出演も多く役者として活躍し、ミュージシャンとのライブも意欲的に行うなど、ジャンルを越えて積極的に活動している。
また長年にわたる「城めぐり」が高じ、著書 小学館より「城あるきのすすめ」の出版、城郭フォーラムのパネラー、講演、城イベントの出演も多い。
2006年から日本テレビ『笑点』大喜利メンバーに加わる。
2017年TBS ドラマ「小さな巨人」で個性的な役を演じ、評価を受けている。
1964(昭和39)年 埼玉県生まれ。
1988(昭和63)年 林家こん平に入門。林家たい平を名乗る。
1992(平成4)年  二ツ目昇進。
2000(平成12)年 真打昇進。
2008(平成20)年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞、芸術選奨 文部科学大臣新人賞受賞。

日本テレビ『笑点』大喜利のレギュラーメンバーとして、お茶の間でもすっかりお馴染みの林家たい平。
師匠こん平ゆずりの、底抜けに明るくエネルギッシュなキャラクターで知られている。
有名人の声真似から動物の鳴き真似、花火の効果音といった多彩な芸に加え、流行のネタや芸能人のネタ、また生まれ故郷である秩父ネタを得意とする。古典落語にも独自の解釈とアレンジを加えながら果敢に挑戦し、落語初心者から通まで幅広い層を楽しませることができる、若手落語家の筆頭だ。
たい平ワールドと呼ばれる落語には老若男女数多くのファンを集め、定期的に行う独演会を中心に全国でも多くの落語会を行っている。毎年恒例となる『たい平の芝浜を聴く会』は今年で22年目を迎える。新たな試みとして映画館で寄席の臨場感を味わえる映画館落語をプロデュース。落語ファンのすそ野を広げることに力を入れている。映画館落語第3弾の作品『もういちど』では映画初主演を務めた。 独演会や落語会、テレビ出演を精力的にこなすなか、2010年4月から母校の武蔵野美術大学にて客員教授としても活躍している。