第29回

チケット11月26日(土)発売!

2017年 1月のゲスト

橋 幸夫(ビクターエンタテインメント)

昭和18年:東京都荒川区出身
昭和35年:デビュー曲「潮来笠」で、日本レコード大賞新人賞(第1号受賞)
その年のNHK紅白歌合戦初出場から連続17年。計19回出場。
昭和37年:吉永小百合とのデュエット「いつでも夢を」で第4回レコード大賞・大賞受賞。
昭和41年:「霧氷」で第8回レコード大賞・大賞受賞(二度目)
昭和63年:日中国交正常化15周年記念に上海文化広場で3万人コンサートを開催。
平成12年~13年:「御三家メモリアルコンサート」120か所公演。
平成27年:芸能生活55周年。
平成28年:新曲「ちゃっきり茶太郎」をリリース


三笠 優子(キングレコード)

愛媛県西宇和郡出身

幼少の頃より浪曲に関心を持ち、15歳の時に松平国十郎の内弟子となるが、
体調を崩し浪曲の道を断念。しかし、歌への情熱を失うことなく、博多でクラブ歌手として活躍。

昭和52年:記念盤として制作した「洞海湾の竜」が有線で話題となり全国デビューを果たす。
昭和54年:「夫婦舟」がオリコン歴代5位となるロングセラーを記録し、100万枚を超えるミリオンヒットに。
第24回日本レコード大賞・ロングセラー賞受賞。
昭和56年:「夫婦川」をリリースしヒット。
昭和57年:「夫婦橋」をリリースし、夫婦シリーズが連続ヒットとなる。
平成元年:アルバム「~日本の妻を歌う~愛彩歌集」では第31回日本レコード大賞企画賞を受賞。
その後も、「ふたり坂」「女の一生」などヒット曲多数。

鈴木 りえ(キングレコード)

昭和56年:宮崎市生まれ

平成3年:第3回ザ・チャリティイン九州沖縄カラオケコンクール・審査員特別賞
平成3年:第4回ザ・チャリティイン九州沖縄カラオケコンクール・審査員特別賞
平成9年:長山洋子カラオケコンクール「なみだ酒の部」・優勝(総勢3000人)
平成17年:作曲家・安藤実親氏の門下生となる
平成18年:MRTラジオ「歌の宝石箱」のパーソナリティとして活躍。
平成23年:「日之影しぐれ」をキングレコードからリリース。
平成25年:新曲「冬の風鈴」をリリース。九州を中心に活躍中。

登代子(インターナショナルミュージック)

宮崎市清武町出身 牡羊座 O型

平成21年:上京。
平成22年:作曲家・星桂三氏に師事。星氏の「星歌クラブ」に所属し歌唱を磨く。
平成28年:インターナショナルミュージックから「人生は一炊の夢」「グッバイ・ヘル」でデビュー。
音楽はこれまでピアノ、吹奏楽、マンドリン、アコーディオンなど多才。