ニュース一覧(64件)

  • MRTニュースNext
  • 月~金夕方
  • メインキャスター

※できるだけ連絡先の記入をお願いいたします。

新電力会社が余剰電力買取価格を発表

6/13(木) 18:48

 太陽光発電による余剰電力の争奪戦が活発化しています。「固定価格買取制度」の契約期間終了後に生じる余剰電力について、県内の新電力会社が九州電力よりも買い取り単価を高く設定したサービスを始めると発表しました。
 固定価格買取制度は、太陽光や風力などで発電した電力を、10年間定められた単価で買い取るもので、今年11月以降、契約期間が順次終了します。九州電力は、契約期間終了後の買い取り価格を1キロワットアワーあたり7円とすることを発表しました。一方、県内に本社を置く「宮崎電力」が13日発表したサービスでは、買い取り価格は、1キロワットアワーあたり最大10円で九州電力よりも3円高くなっています。
(宮崎電力・小野晋太郎社長)「宮崎で発電した電力を他社より高く買い取って、宮崎のユーザーにより安く供給することが宮崎の皆さんへの貢献になる」
 このほか、宮崎電力では、新たなサービスとして、太陽光発電の余剰電力をためる蓄電池購入プランなども発表しました。県内では、今年度中に約1万3000世帯で買い取り契約が終了することになっています。

全国ニュースはこちら

  • 香港・林鄭月娥行政長官「心から謝罪」、辞任の意向は表明せず (6/18 18:30)
  • NBA優勝パレードで銃撃4人けが、現場近くにはカナダ首相も (6/18 18:05)
  • ネット掲載された記事めぐり会社役員脅した疑いで総会屋の男を逮捕 (6/18 18:06)
  • 80代女性から1500万円詐取で男逮捕、きっかけは交通事故 (6/18 18:07)
  • 携帯違約金1000円以下に、“2年縛り”で総務省が新ルール案 (6/18 15:19)
  • 社民・又市党首、参院選不出馬を表明 (6/18 15:20)
  • 政府の認知症対策、発症や進行を遅らせる「予防」に重点 (6/18 15:23)
  • 政府が保育園周辺などに「キッズゾーン」創設など交通安全対策 (6/18 14:05)
  • 「2000万円」報告書と別に、老後「3000万円必要」の試算も (6/18 12:28)
  • 大阪・拳銃強奪事件、飲み会断られ不満募らせたか (6/18 12:27)