夜間の大雨・冠水 車が立ち往生 どうする・宮崎県

9/14(火) 17:26

 13日夜の大雨では、道路の冠水で車が立ち往生し、JAF、日本自動車連盟宮崎支部には、出動の要請が相次ぎました。
 夜間の大雨、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。

 13日夜、降りしきる雨の中で立ち往生した車。バンパーまで水が迫っています。

 JAF宮崎支部によりますと、13日の大雨で道路が冠水したため車が立ち往生したなどとして、宮崎市内で6件の出動がありました。

(JAF宮崎支部ロードサービス隊 広井伸次隊長)「夜間で水深が目視で判断できないというのが一番の注意点。どのポイントが冠水(しやすい)ポイントであるかを知っておくこと」

 あらかじめ迂回路などを確認しておくことが大切です。

 では、もし車が立ち往生してしまった場合は・・・

(JAF宮崎支部ロードサービス隊 広井伸次隊長)「もう車は諦めて、逃げる方法を考える。マンホールが外れていることもあるので足場を確認しながらゆっくり降りて。それから来た道を戻るのが原則。行きたい方向ではなく、侵入してきた方へ戻る。」

 JAF宮崎支部では、まず身の安全を確保した上で、必要があれば出動を要請してほしいとしています。

  • ※できるだけ連絡先の記入をお願いいたします。