10月13日

ナチュラルライフ

19年10月13日(日) 16:30

ナチュラルライフ

都城市金御岳サシバの渡り

サシバはタカの仲間の鳥です。
中国や朝鮮半島、日本で繁殖し、秋には南へ渡り、
東南アジアやニューギニアまで行って冬を過ごします。
今年もその渡りのポイントのひとつ都城市金御岳で、
日本野鳥の会宮崎県支部の中原聡さんと
サシバカウンターズの皆さんがサシバを数え観察を行っています。



日本列島におけるサシバの渡りには大きくふたつのルートがあります。
まず東北地方で夏を過ごしたサシバは、日本海沿いに南下。
新潟、長野、有名なポイントの白樺峠を経て岐阜、滋賀、
琵琶湖の南を通り、神戸、淡路島へと渡ります。
さらに、四国、九州へとやってくるのです。
もう一つは、関東地方で夏を過ごしたサシバたちで、
太平洋岸を駿河湾、伊良湖岬、紀伊半島を抜けて四国、九州へやってきます。

最近、さらに北九州で繁殖するサシバが違うルートで
南へ渡ることがわかってきたそうです。
北九州から九州西部を抜け、佐多岬、沖縄琉球列島、
台湾までは上記の大きなふたつのルートと同じなのですが、
大きなふたつのルートが台湾から中国、フィリピンと渡るのに対して、
北九州からのサシバは台湾からいきなりフィリピンへ渡ることがわかってきたそうです。
ほかにも朝鮮半島から渡ってくるサシバもいることがわかったり、
調査をしている様々な人々の努力でサシバの渡りの神秘が解明されつつあります。

それにしても毎回思うのですが、
サシバは自分が飛んで行くべき時期や場所をどうして知っているのでしょう?
遺伝子に組み込まれているのか、親に教わるのか。
いずれにしても正確に、何町の何丁目何番地まで、目指して渡るのだそうです。
ですからもし、次の春までに彼らが巣立った場所の環境が変わってしまったら、
戻ってきた時には繁殖できないということにもなります。
サシバは春から夏にかけて東北地方より南の、
田んぼが山に迫った迫田や棚田のような環境で繁殖します。
農業をし、里山の環境を保全することが、
じつは自然環境を守ることにも繋がっているのです。
私たち人間が、自分のことだけでなく、
サシバなど他の生きもののことも少し頭に置きながら暮らす。
それだけでも、自然環境のバランスを保つことに繋がるのかもしれません。






今週のひとみママおすすめの花



コスモス

この季節はやっぱりコスモス。
秋風に揺れる姿に癒されます。

10月13日

気になる気持ち

19年10月13日(日) 16:30

ナチュラルライフ

【九州つなぎ隊】の活動です。

都城市高崎町笛水地区の笛水ウォークのお手伝いに行きました。
秋風を感じながらも日差しが強く暑い日となりました。

そんな秋の日に毎年恒例の笛水ウォークが行われました。
歩くコースは毎回違っていて、
笛水地区の色んな自然をたっぷり感じることができます。

ここのお楽しみはその後のお昼ご飯です。
地元の家庭料理でこちらは毎回同じメニューなのですが、
それが人気なのです。



特に人気なのは、10割そば。
ぷちぷち切れる太い田舎そばなのですが、
それにピッタリ合う出汁の利いた汁、これが絶品なのです。
お代わりする人が後を絶ちません。

このイベントはリピーターが多いのが特徴で、
このお昼ご飯は大きな存在のようです。

今、各地で色んな名称で目新しそうなイベントが行われいますが、
こういった長く続いている企画を参考にするのもいいのではと思います。

リピーターがいるのは絶対的な強みで、
それは宣伝効果が高い口コミが多くなるからです。
しかし、長く続いている企画には若い人は目を向けません。
「新しい」ということをもう一度考えてみるといいのではと思います。


新富町のシンビジウム農家の長友君ところの
新富町のシンビジウムの山下げのお手伝いに行ってきました。



夏の間暑さを避けて大分県九重町にシンビジウムを持って行って
11月から出荷できるようにします。



夏前に山上げしたシンビジウムたちがたくさんの蕾をつけていました。
今年は全体として早いそうですが、
冬の寒さがそれほどでもなかったからかなと話していました。

農家のお手伝いをしだして、季節とか
今年の天気とか色々と気になるようになりました。
人間が本来持っている五感の力を
徐々に取り戻してパワーアップしている気分です。

この活動は【九州つなぎ隊】のポイントボランティアのパターンです。
活動に参加するとポイントがたまり、
そのポイントは連携している農家さんの農産物や加工品と交換できます。

今年はポイントを使って長友君ところのシンビジウムを
お世話になっている方に贈ろうと思っています。


安全の取組です。

日向ひまわり支援学校は立地のこともあって
防災に力を入れておられます。
私が関わるようになって7年目、
先生方のレベルもかなり高くなっています。

これまでは先生を対象とした研修でしたが、
今回は初めての取組で参観日に保護者、
生徒をメインにした研修となりました。



保護者の皆さんも生徒さんも
しっかり取組んでくださり、頼もしく感じました。

自分の命を守るのは自分しかできません。
その自分を守る行動が人を助けることにつながっていきます。

もう一つの安全は防犯です。
えびの市の加久藤小学校で侵入者があった際の
避難訓練をしました。



今までの訓練はシナリオがあって
その通りにできたかどうかが評価になるような
劇場型のパターンが多いのですが、
私は考える訓練を指導しています。

自分の命は自分でしか守れません。
先生と児童が協力してどうすればいいかも一緒に考えて
それぞれが自分事として取組む、それで初めて体が動くのです。

今回、先生方も児童の皆さんも
しっかり考えて、分からないこと、
迷うこと、不安なことがたくさん出てきました。
それがはじめの一歩です。

それが分からずに人の作ったプランで訓練していても
想定のない現実には対応できないのです。

今回の訓練で色々と感じてもらえたと思います。
校長先生の考え方、整理の仕方、対応も素晴らしかったです。
直接指導した1年生の担任の先生も終った後質問に来られるなど、
しっかり向き合っていただきました。

安全の教育ですから、今だけでなく、
学校だけでなく、えびの市だけでなく、
ここの児童が生涯にわたって安全に暮らしていける
命を守ることができることにつながって欲しいものです。

10月13日

今日のもったいないおばちゃん

19年10月13日(日) 16:30

今日のもったいないおばちゃん

お掃除は、こまめにしましょうね
汚れがひどくなると、水も洗剤も多く使います
それに時間もかかりますからね~

689件

1 2 3 4 5 6 7 ...230