6月16日

ナチュラルライフ

19年6月16日(日) 16:30

ナチュラルライフ

えびの市 ミヤマキリシマトレッキングツアー

先日えびの高原でミヤマキリシマトレッキングツアーが開かれました。
えびの市観光協会の主催で、案内役はえびのガイドクラブの皆さんです。



コースは韓国岳とえびの岳のふたつ、いずれかの登山をしながら
今が見頃のミヤマキリシマを楽しもうという催しです。
木佐貫はえびの岳コースに参加しました。


えびの岳は標高1292メートル。
韓国岳の西側にあるなだらかな山で、
約10万年前にできたといわれる火山です。
えびの高原ピクニック広場の南東の端と、
キャンプ場にそれぞれ登山口があり、
約1時間で歩ける登山初心者向けの山です。
今回はピクニック広場の端、
県道1号線沿いにある登山口から入り頂上を目指しました。


通常は1時間のコースですが、
えびのガイドクラブの皆さんに植物や火山のこと、
森の成り立ちを学びながらの行程で、
3時間弱のツアーとなりました。


主なガイドは真方さんが務め、サポート役として
上園さん、田中さん、長崎さんが一緒に案内してくださいました。
登山口から山に入ると、早速植物の説明です。
アカマツ林の下草として茂っていたのは
ホソバモミジイチゴ。木苺が群生して黄色い実をつけていました。
そのあとも、テンナンショウの仲間や、
ナツツバキ、ネジキと興味深い植物が私たちを迎えてくれました。


えびの岳の特徴は、登山道が森の中にあり、
森林浴をしながら歩けることです。
木々が日差しを遮ってくれるので、
これからの暑い季節にはとくにオススメです。

登山道の高低差もそう大きくはないので、
登山というよりハイキングのような感じです。


登り始めた時にはアカマツ林だった森が
やがてミズナラなどの雑木が混じり、
歩き進めるとハリモミの巨樹が見られるようになりました。
真方さんによると、その辺りは
江戸時代の硫黄山噴火による火砕流を受けなかったため、
巨木が残っているのだそうです。



このように林相を見ると、
かつて噴火の影響を受けたところ、
免れたところがわかるのですね。

えびのガイドクラブの皆さんと一緒に歩く
ミヤマキリシマトレッキングツアー、
4回に分けてお届けしますので、どうぞお楽しみに。





今週のひとみママおすすめの草花



ミヤマキリシマ
霧島をはじめ九州の高い山に自生するツツジ。
名前をつけたのは植物学者の牧野富太郎です。
深い山に咲くツツジということからミヤマキリシマというそうです。

6月16日

気になる気持ち

19年6月16日(日) 16:30

気になる気持ち

九州つなぎ隊の活動で、
宮崎市飯田地区あじさ畑の下草刈りの
お手伝いに行ってきました。

 



この日は宮崎市、国富町、
小林市から男性ばかりの参加でした。
集合して近況を互いに報告し、
現場に向かって地元の方々と合流して
作業が始まります。



ここの10年近く手伝わせていただいているので
阿吽の呼吸で作業が始まり、進み、終わります。

男性はただ集まってワイワイガヤガヤというのは
あまり得意ではありませんが、
こういった作業をしながらというのは会話が弾みます。

とってもいい時間だなと思います。

 



ここの活動の良いところは、作業が終わってから
ちょっとだけ学びの時間があります。
西村会長の采配で私が防災の話をしたりもします。
今回は地域で取組む「エネルギー」です。
地域によっては地域で色んなスタイルで発電に
取組んでおられたりします。

この飯田地区にも色んなところからアプローチが
あるらしく地域全体で考えておられます。
今回の担当の方は色々と勉強されていて
最先端の発電技術などについても話をされました。

その中で印象的だったのは

「私たちは今の収益だけを考えていてはいけない。
 100年後200年後まで考えて、次世代、次々世代、
 その後のことも考えて取組まなければいけないと思います。」

と言われたことでした。

私も本当にそう思います。

こうやってこの日の活動も和やかに終わりました。

その後に飯田地区の西村会長と話をする機会が
あったのですが、そこで話題にのぼったのが
九州つなぎ隊の農業支援などを行う
ポイントボランティアのシステムです。
立ち上げて1年が過ぎたのですが、
私も丁度仕組みとしてしっかり組立てたいな
と思っていたところでした。

今年は飯田地区や西村会長と組んで
ポイントボランティアを仕組みづくりを進めたいと
思います。楽しみです。

それと私の住む地域での出来事です。
先日夕方ウォーキングをしていたところ
ご両親と子どもさん二人の4人で歩いておられました。
通り過ぎる時に「こんにちは」と挨拶を交わすと
女のお子さんが私をみて「朝、ハイタッチしてくれる人」と
声を上げてくれました。
ご両親は「あらそう」と言われ、私はその女の子に手を
手を振りました。

保護者の方は知りませんが、子どもとはつながって
いるのを実感しました。
何と言っても「ハイタッチしてくれる人」この
「くれる人」というのがサラリと出たのが
とてもうれしかったです。

こんなことがあった数日後の火曜日、
夕方清武町では突然激しい雨が降りだしました。
その時間帯が小学1年生が帰る時間帯で
私もその時たまたま家に帰って来ていました。
雨が降り出したのと同時に外から
子どもたちが大騒ぎする声が聞こえてきました。
私はすぐ外に出ると雨に降られて慌てている
小学1年生の児童の姿がありました。
慌てているので道路をうろうろして
車が来たらとても危ない感じになっていました。

私はすぐに声をかけて
うちのカーポートの屋根の下にその子どもたちを呼び寄せました。
それでも興奮していたのですが、一安心といった感じでした。

何気ない当たり前の感じるする光景ですが、
これが当たり前のようにできたのは、
私が朝、挨拶とハイタッチをしている
子どもたちだったからだと思います。
もし、私が知らないおじさんだったら
不審がられたり、今のご時世子どもたちも
私のところにはすんなり近づいてこなかった
と思いますが、一つ間違うと通報されたかもしれませんね。

雨が小降りになるのを一緒に待っていると
お母さんたちが次々と学校に向かって
車を走らせてましたが、うちにいた
子どもたちのお母さんはそれに気づいて
次々とUターンして横づけされ、子どもたちは
次々と無事に帰っていきました。
とてもスムーズで子どもと保護者と連携できたのが
私も心地よかったです。

しかし、これはまさに「災害」、
「小さな災害」でした。

ここで強く感じたのは「日ごろのつながり」の重要性です。

それがあったから出来たことで、
それがなかったら成り立たない、
お互いにそういう行動をすることも
なかったかもしれません。
「小さな災害」に対応できたことで、
「大きな災害」への対応のイメージができました。
これからの自然災害や防犯などのことを考えると
本当に必要な、いや必要不可欠なことだと強く感じました。

私は今までレレレのおじさんをやってきて本当に良かったです。

6月16日

今日のもったいないおばちゃん

19年6月16日(日) 16:30

今日のもったいないおばちゃん

夏が来る前に、エアコンの室外機の周りを綺麗にしましょう
草が生えていたり、物が置いてあると余計な電力がかかります
直射日光を避ける日よけもあるといいですよ~

638件

1 2 3 4 5 6 7 ...213