11月11日

ナチュラルライフ

18年11月11日(日) 16:30

ナチュラルライフ

都城市金御岳~サシバの渡り~


今年もサシバが南へと渡ってゆきました。
サシバはタカ目タカ科サシバ属の鳥です。
中国や朝鮮半島、日本で繁殖し、
秋には南へ渡り遠くは東南アジアやニューギニアで冬を越します。
都城市の金御岳はサシバの渡りのルートにあたり、
毎年日本野鳥の会の中原聡さんと有志による
サシバカウンターズの皆さんが金御岳を通るサシバを数えて記録しています。



この日のタカ柱は本当に見事でした。
観察している場所のすぐ頭上で螺旋を描き、
お陽さまを通してサシバの羽が透けて見えるようです。
前日に続き観察に来ていた小林市のフジモトさんご一家。
小学生のここなさんは、一年に一回しかないから、
サシバに心惹かれると話してくれました。
この季節だけの自然の風景。そして毎年、
毎日その景色は違って、同じものは二つとない。
サシバの渡りという光景は、都城市の、
いえ宮崎県が誇るべき景色だと思います。

見事なタカ柱を写真に撮っていたら、
一瞬形が壊れてサシバたちが四方に散りました。
何があったのかと思ったら、
サシバを狙ってハヤブサがタカ柱に飛び込んできたのでした。
ハヤブサだけではなくオオタカなど、
サシバを餌とする鳥や動物が(かつては人もサシバを食べていたそうです)
この先も彼らの行く手を阻むのです。
天候不順、天敵たち。それらを飛び越えてなんとか目的地に着いてほしい。
そしてまた来年の春に無事日本に帰ってきてほしい。
サシバカウンターズの皆さんはそんな願いも込めながら、サシバの数を数えています。

今年は9月6日から10月21日までの間に
21118羽のサシバを数えました。

中原さんに毎年聞いているサシバの魅力をインタビューしました。
そして中原さんも、毎回答えているけれどと前置きしながら、
「連綿と続くサシバの列、一文字に並んで、
羽ばたきを止め気流の乗って滑るように空をゆく姿。」
と答えてくださいました。
もう既に私もそんなサシバに魅せられサシバ症候群になってしまった一人。
来年もまた秋風を感じたら金御岳に向かいます。

サシバカウンターズはサシバに惹かれ、
その数をカウントする目的で集まる有志たちの集団です。
シンプルな目的のもと、シンプルな心と思いで結ばれているから
30年以上も続いているのかもしれません。
中原さんたちの活動にたくさんのことを学びました。





今週のひとみママおすすめの草花

 



ビワの花
今年も白い五弁の花を開く季節になりました。
立冬から大雪前日までの季語でもあるビワの花。
もし見かけたらじっくり観察してその可憐さを心に留めてください。

11月11日

気になる気持ち

18年11月11日(日) 16:30

気になる気持ち

日南市北郷町の同級生の
西岡君はスイートピー農家です。
西岡君は毎年この頃になると
スイートピーをたくさん届けてくれます。



毎年のことで、とてもきれいで、
香りも良くてとてもうれしくて感謝しておりました。
たくさんいただくので、
毎回ご近所などで日ごろお世話になっている
方々におすそ分けしておりました。
今回も小分けにして届けました。

スイートピーを片手に歩きながら届けて回っていて
改めて気付きました。
西岡君がたくさんのスイートピーを
届けてくれるのは、ただ単に友達だから持ってきてくれるのではなく、
私の活動を支援してくれていたのだと。

本来ならそんなにたくさん届ける必要はないわけです。
そこをたくさん届けてくれるのは

「お前がお世話になっている 人たちに配りなさい」

という親心にも近い西岡君の私を支える思いやりの心が
詰まっていたのだな~と。
夕暮れの街を肌寒い風を
心地よく感じながら

「西岡君、ありがとう」

と感謝しながら歩きました。

さて、【九州つなぎ隊】の活動で
日之影町追川上地区の
秋祭りのお手伝いに行ってきました。

 



紅葉が始まっていてそんな
山の風景も楽しみながらのお手伝いです。
もう10年近く通っているこの地、
この祭り、もう地元の方々とも
一体感というより、この地区出身者
が地元に帰ってきたみたいな感じと感覚です。

祭りそのものもですが、
このつながりそのものが心地いいのです。
いつもは泊まるのですが、
私は次の日に講演が入っていたので、
私だけ先に帰りました。
帰る時に、いつも泊まるケン坊のところのお姉ちゃんが

「お気に入りの柿の木に2個なってるよ 泊まらんとね」

と声をかけてくださいました。
とっても温かいものを感じました。

 



諸塚村八重平地区の集落道の
コンクリート打ちのお手伝いもありました。
ここも10年近くのお手伝いしています。
ここもほぼ地元に帰る感覚です。
人手不足は年々顕著です。

私は講演があって行けなかったのですが、
妻と隊員さんが行ってくれ
とても温かいお土産話を聞かせてくれて
心のこもったお土産もいただいて
私も妻と一緒にいただいてお礼の電話を
したりもしました。
とてもいい感じの田舎ならではの
温かいつながりです。

その他、私のNPOで
日之影町とえびの市での婚活の
お手伝いもあったのですが、
これもとてもいい感じで
若者が交流していました。



私はえびの市の担当だったのですが、
「ほっこりえびのコン」ということで
えびの市らしくえびの高原を
散策してからの交流でした。
自然は人も仲良くしてくれます。
気持ちいい景色、空気、風・・・
人の心とつながっていますね。

11月11日

今日のもったいないおばちゃん

18年11月11日(日) 16:30

今日のもったいないおばちゃん

鍋の季節になってきましたね~
野菜の皮にも栄養たっぷりです~うまく使って、
生ごみも減らしましょうね

548件

1 2 3 4 5 6 7 ...183