1月15日

ナチュラルライフ

17年1月15日(日) 16:30

ナチュラルライフ

宮崎市・水源の森づくりを進める市民の会「ジュニア森の教室」


今月は水源の森づくりを進める市民の会主催のジュニア森の教室をご紹介しています。
水源となる森づくりを進めてきた同会が、
一昨年から子どもたちを対象に森を学び体感する教室を始めました。
会の次世代を担う人材を育てることも目的の一つです。
そして今回は「双石山を探検しよう!」と登山に挑戦しました。

前回ご紹介した天狗岩を過ぎ、空池(からいけ)から象の墓場へと向かう道のりは、
急斜面の三段梯子を下りなくてはいけません。



双石山は岩山でもあり、子ども達にとって難しい登山道もありますが、
日本山岳会、山友会の会員がしっかりとサポートにあたり、
安全を担保しながら無事に下ることができました。
この三段梯子もステンレス製の丈夫な梯子です。
営林署や登山道を守る人たちが設置してくださったのでしょうか。

その先には今度は大きく土砂が崩れた場所がありました。
ここもまた、事前に下見した際に子ども達をいかに安全に通すか対策がなされ、
地元の登山道や山小屋を守る人たちが協力して、
杭を打ちやロープを渡してくださっていました。



登山道は常に守る人がいてくださっっていること、
また今回の登山もしっかりと支えてくれる人たちがいることを子ども達は学びました。
自然を学び、人のつながりや役割も学んだ森の教室。
かっこいい大人達に出会えました。



 

 



今週のひとみママオススメの草花



マンゴー
宮交ボタニックガーデン青島の大温室が、
昨年3月のリニューアル以降10万人目の来館者を数えました。
その大温室で今満開なのが、マンゴーの花。
漆の仲間マンゴーは、五弁の小さな花がたくさん集まっって房状になっています。
この小さな花が実を結び大きなマンゴーに育ちます。
花を見る機会はなかなかないと思いますので、ぜひお出かけください。

 

 

1月15日

気になる気持ち

17年1月15日(日) 16:30

気になる気持ち

私の同級生で西岡君という人がいます。
彼は、日南市北郷町でスイトピーを栽培しています。
いつも年末になると持ってきてくれます。
私もお返しに日之影町や諸塚村のものなど、県内の美味しいものなどを渡します。
物々交換です。
いずれも県内のものですから、お金は県外に流出していません。
こういった意識が大事かなと思うのです。

スイトピーは、花が長く持つので、今でも家を華やかにしてくれています。
香りもとてもいいです。
皆さんも今年の年末年始、宮崎のスイトピーを飾って

お正月を迎えられてはいかがでしょうか。

新富ふれあいの居場所がオープンしました。
まだ何もないですし、修理なども必要です。

 


でも、これがいいと思うのです。
行政にお願いするとかじゃなくて、住民がみんなで集まって知恵と力を持ち寄って
みんなの居場所を作っていく。
ここに人のつながりや生きがいが生まれ絆につながっていく。
都農ふれあいの居場所を運営するたわわハートねっと代表の青木智美さんも駆けつけて
激励の言葉をいただきました。




これまでの時代はほっといても不便だったのでお互い助け合って
人のつながりが育まれましたが、便利になった今、何もしないと
すぐに一人になってしまいます。
意識して人がつながる仕組みや場所が必要です。
人口減少と高齢化が進むこれからいよいよ大切になってきますね。
新富町のJRの駅の近くです。
新富町を通られる際は是非お立ち寄りください。
どう変化していくかを見るのも、みなさんの地域活動の参考になるかもしれませんよ。
全ては今からですから。

五ケ瀬町桑野内の神楽のお手伝いに行ってきました。



夜神楽が続けられているのですが、人口減少、高齢化、過疎化が進む中
夜神楽が終わっていくところもあります。
夜神楽を続けていくというのは、舞い手だけの問題ではありません。
それを支える婦人部や裏方があって始めて夜神楽が成り立っています。



ここが大事なところなのです。
世話人の佐伯さんとも話したのですが、これからの事を考えると、
県や市町村、地域を超えたつながりと支え合う仕組みがいよいよ必要な時が来た
と言われていました。
私もお手伝いに行きながら痛感しています。
これからの時代にあった、ただの先延ばしでない新しい取組が必要とされています。

 

1月15日

今日のもったいないおばちゃん

17年1月15日(日) 16:30

今日のもったいないおばちゃん

今回は、山羊座の女さんのもったいな~いです。
お正月に余った筑前煮、みじん切りにして油揚げで袋煮に。
美味しいですよ~

264件

1 2 3 4 5 6 7 ...88