ニュース一覧(71件)

  • Check!

※できるだけ連絡先の記入をお願いいたします。

県公募の「潜在看護師」などを対象に新型コロナワクチン接種の研修会

6/10(木) 17:30

 宮崎県がコロナワクチンの打ち手確保のために公募した潜在看護師などを対象にワクチン接種の研修会が宮崎市で開かれました。
(税田記者)「新型コロナワクチンの接種が本格化する中、会場ではワクチンの薄め方や打ち方などを学びます」
 10日の研修会には、資格を持っているものの医療現場で勤務していない、「潜在看護師」を中心に20人が参加しました。
 研修会では、宮崎大学医学部の加藤沙弥佳助教などが、模擬のワクチンを使って、注射器に吸引する方法や濃度を薄める方法を指導。
 このあと、参加者は、腕は下に降ろした状態で接種することなど、ポイントを確認しながら、接種までの手順を確認しました。
(参加者)「子どもが生まれてから離れているので10年くらいブランクがある。昔と手技が違うので、一個一個確認しながらするのがとても勉強になる」
「より難しく感じた。自分たちが習ったのと、ここで教わったのと手順が違うので」
 この研修会は、今後も行われ、宮崎県は、高齢者を対象としたワクチン接種を7月末までに完了させたいとしています。
 看護師は、ワクチン接種の「打ち手」のほか、薬液を準備する補助、それに接種後の状態観察に対応することになっていて、宮崎県は、今後、市町村のニーズに合わせて勤務地や業務を割り振ることにしています。