阿蘇山噴火 県内でも降灰確認・宮崎県

10/20(水) 16:57

 20日午前、熊本県の阿蘇山で噴火が発生しました。
 幸い、けが人などは確認されていませんが、噴火に伴い、県北地域でも少量の降灰が確認されました。

 20日午前11時43分ごろ、熊本県の阿蘇山中岳第一火口で噴火が発生しました。

 気象庁によりますと、噴煙は火口から3500メートルまで上がったということです。

 この噴火に伴い、気象庁から、阿蘇山火口から南東方向に降灰予報が出され、五ヶ瀬町や高千穂町などでも少量の降灰が確認されました。

(永友裕一朗記者)
「阿蘇山から20キロほど離れた五ヶ瀬ワイナリーです。こちらでも火山灰のようなものが見られるほか、かすかに硫黄のにおいがします」

 阿蘇山の噴火を受け、五ヶ瀬町では職員が町内を巡回し、茶畑などで降灰の状況を調査しました。

(五ヶ瀬町の職員)
「(Qいかがですか)ちょっと白いのが付いている。これが灰なのか分からないが、それらしいのは降ってきているのかな」

 五ヶ瀬町によりますと、現在のところ、降灰による被害は特になく、防災無線などで注意を呼びかけています。

  • ※できるだけ連絡先の記入をお願いいたします。