婚活支援 宮崎県「結婚サポートセンター」がAIマッチングシステム導入

10/14(木) 17:39

新型コロナの影響を受けているものの一つに、男女の出会いの減少もあるんじゃないでしょうか。こうした中、宮崎県が設置している「結婚サポートセンター」は、14日から、人工知能AIを活用した男女のマッチングシステムを導入しました。

(宮本佳奈アナウンサー)「県が設置しているこちらの結婚サポートセンターでは、14日からAIを使ったマッチングシステムが導入されました。AIの力で、あなたの運命の人、見つかるかもしれません。」

みやざき結婚サポートセンター。およそ1000人が登録していて、これまでに、サポートを受け、102組が結婚しました。さらに婚活を後押ししようと導入されたのが、AIを活用したマッチングシステムです。

このシステムでは、ビッグデータを活用し、これまでにカップルが結婚に至ったパターンなどを分析。会員が相手を探す際、AIが、相性が良いと思われる相手をおすすめします。

(県福祉保健部こども政策局こども政策課 岡野雅也さん)「通常自分の好みでどうしても相手を選んでしまうが、自分が気づいていない好みなどを今までの蓄積されたデータから分析してAIが(相手を)おすすめする機能。」

婚活へのAIの活用について、街の人は…

(街の人)「方法としてはありだと思う。」
(Q:使ってみたいと思いますか?)「使ってみたいですね。」
県は、婚活に興味がある人は、このシステムを、気軽に活用してほしいとしています。
(県福祉保健部こども政策局こども政策課 岡野雅也さん)「今まで自分からアタックしづらいという人も多くいたと思うが、機械(AI)が勧めてくれるなら、トライしてみようかなという気持ちになれるのかなと。」

実は、この機能を既に導入している自治体もあるんです。愛媛県が設置している結婚支援センターでは、6年前から、このシステムを導入していて、実際に会う「お見合い」を申し込んだ際の成功率が、従来は13%だったのに対し、AIを使った場合は、29%に成立にアップしたということなんです。

AIは、今後の婚活の強力な助っ人として期待ができそうですね。

  • ※できるだけ連絡先の記入をお願いいたします。