2124件

1 2 3 4 5 6 7 ...425

弱まりつつ

ノダっち

17年6月28日(水) 17:29

天気の話なノダ

梅雨前線は
活動を弱めているようです。

きょうは、少し雲の隙間もあって、
日が差した所もあり、
日中の雨雲は少なくなりました。

前線の強い部分は
朝までに通過したようです。

日が差したところは、
蒸し暑さが強まって
感じられたでしょうか。

あすからは、いよいよ
徐々に南の太平洋高気圧が
強まっていく過程に入りそうです。

梅雨前線も、ゆっくりと
北上傾向となってきます。

ただし、あすも前線の活動は
あまり強くなさそうです。

今夜からあす明け方にかけても、
雨雲が通過しやすくなり、
その後、あすの日中は
再び雨雲が少なくなるでしょう。

きのうも書いたように
日が差す可能性も十分にあります。

もともと前線南側になってきて
蒸し暑い空気が流れ込んだところに
日が差して気温が上がると、
上昇気流が出来て
午後になって、山沿いを中心に
雨雲が発生するかもしれません。

午後もにわか雨に気を付けて
洗濯など対応しましょう。

また、蒸し暑さも戻ってきます。

週末以降の暑さに備えて
体を慣らしつつ、
熱中症に気を付けましょう。


あさっては、
まだ太平洋高気圧の縁で
南から暖かく湿った空気が流れ込んで
不安定になりそうです。

きのうの画像欄に載せた
フィリピン東の雲の塊が
きょうは南西諸島の南に進んできました。
今後も太平洋高気圧の外側を
徐々に北上傾向になっていて、
この雲の北上とともに
太平洋高気圧の縁を北上する
熱帯由来の空気が
流れ込む可能性があります。

あさっては、
晴れ間もありますが、
雲も多めで
急な雨に注意が必要になるでしょう。


なお、気象庁の解説資料によると、
南西諸島の南の雲は、
上空の寒冷渦によるもので
熱低とは解析されていません。
 
沖縄付近を過ぎると
まだ海水温が低いため
弱まってきそうですし、
熱低までは
まとまりきらない予想ですが、
あすにかけての動きも
ちょっと注目しています。


週末からは、
太平洋高気圧がさらに強まって
晴れ間も多くなってきそうですが、
やはり不安定で
にわか雨の可能性は
考えておいた方が良いでしょう。

とくに、来週のはじめには、
高気圧が強まる予想で、
35度近くまで上がる可能性も
予想されてきました。
延岡は、6月に
猛暑日を観測したこともあり、
7月上旬に観測されても
ビックリすることでは無いですが、
一気に暑さが強まりますので、
熱中症など
体調管理にお気を付けください。

家畜やペットの体調管理にも
気を付けないといけないかもですね。
170628 どんより曇り空の
午後3時過ぎの
MRTから西の空

たまには梅雨を宇宙から見てみます

ノダっち

17年6月27日(火) 17:34

天気の話なノダ

きょうも梅雨空どっぷりです。

宇宙から見てみると、
この梅雨の雲の帯が
ハッキリと見えています。

その南の太平洋高気圧も。

梅雨前線くんは
引き続きあまり動いていません。

とくに激しい雨には
なっていませんが、
毎日、洗濯物が乾きにくいですね。

前半戦で晴れすぎたので、
まぁ、これくらい、
雨は続きますよね。

最近一か月の日照時間は、
まだ平年より多めです。

一方、30日間の降水量は、
都城や日南・串間で
平年並みか
平年よりやや多くなってきましたが、
その他は、
まだ平年より少なめになっています。

もう少し雨が降らないと、
安心して夏が越せません。

でも、もう少しで
梅雨の晴れ間に入るでしょう。

しかも、続きそうな気配です。


きのうお伝えしたように
午後になって前線が
やや活動を強めているようで
午後になって
本気の雨雲がかかってきています。

前線の北側で
雨が降っている影響で
朝から昼にかけて
気温が上がりにくくなりました。

ほぼ横ばいです。

あすにかけても、
前線はあまり動きません。
きょうと同じように
雨が降ったり止んだりでしょう。

とくに、午前に前線の活動が強めとなり、
午前を中心に雨が降りそうな資料です。

気温経過も同じようになるでしょう。


あさって以降は、
次第に太平洋高気圧が強まって
前線を押し上げ始めそうです。

少し活動を弱めながら
上がって行きそうな資料もあり、
あさっての雨の時間は
短くなってくる可能性もあり、
晴れ間が出てきても
不思議ではありません。

金曜日は、まだ不安定でしょう。
晴れ間があるものの、
にわか雨の可能性もあって、
ココはまだ晴れマークを
安心しきれません。

ただ、蒸し暑さは強まってきそうです。

土曜日、さらに日曜日と
より夏を感じる青空が見えてきます。

熱中症予防に要注意です。

こうしていったん強まってくる
太平洋高気圧ですが、
10日予報の資料の間に
しぼみそうな気配がまだありません。
つまり、少なくとも
来週の平日いっぱいは
梅雨の中休みが続く可能性があります。

ともすると、このまま梅雨明け?
なんて思われるかもしれないくらいの
中休みになりそうなのですが、
(高校野球も始まりますし、
 それならそれで助かる面もありますが、)
やはり、水不足は心配です。

それに、県北部は
まだ雷が本格的になっていません。
(南部は週末に雷を伴いましたが、
 こちらも、梅雨末期の雷にしては
 まだ弱かったかなと思います。)

どうなんでしょう。

中休みだとすると、
次に下りてくる前線による雨には
要注意になるでしょう。
(まだ、上がってもいなくて、
 その後の中休みが明ける
 気配すら見えないので
 一般的な話なのですが^o^;)

もう一つ、南の海で
渦を巻いてくるあの雲のかたまりが
出来てきた場合にも、
状況を変えることになりますので、
ちょっと南の海の雲の動きにも
注目しています。
170627 きょう正午の
衛星可視画像

どっぷり梅雨の空を
空の上から
見てみましょう。

九州付近には
東西に帯状に連なる
梅雨前線の雲が
かかっています。

前線の南側の
雲が少ない領域は
太平洋高気圧の
勢力圏です。

このエリアが
週末になると
北上してくる見込みです。

フィリピンの東では
まとまりつつある雲も
写っているので
ちょっと気にしています。

なお、フィリピンの東で
明るく輝いているのは
太陽光が
海面で反射している光です。
(北緯10度,東経140度付近)

霧島を見ながら

ノダっち

17年6月26日(月) 17:14

天気の話なノダ

福岡にお勉強に行ってきました。

土曜日も梅雨空の県内でしたが、
飛行機が上昇して、
下層雲を抜けると、
中層雲との間に
雲の少ない領域があることも
飛行機に乗ってみて
はじめて感じられることでしょう。

下層雲を抜けてしばらくすると
南側の窓の下の雲海の中に
黒い塊が見えました。

霧島連山です。

それは、まさに
雲の海の上にぽっかり浮かぶ島で、
霧島と呼ぶにふさわしい
光景でした。

土曜日は、梅雨前線が
九州北部にまで北上したため、
福岡にも強い雨雲がかかり、
かなりの蒸し暑さを感じたものの、
日曜日にかけて
さっさと九州南岸まで
南下してきたようです。

昨夕の雨の隙間で走った時には
まだ蒸し暑さを感じたものの、
きのうの夜には、
再び涼しい風になってきていました。

前線の北に戻ったようです。

この週末の雨で、
西米良の国道沿いで
再び土砂崩れがあったと
新聞記事に出ていました。

この週末も、県内は
大雨の警報は出ていませんが、
またしても土砂崩れがあったようです。

これは、
今の現実として受け止めましょう。

これは、もしかしたら、
やはり熊本地震などの影響が
出ているのかもしれませんし、
ただ、熊本地震の以前にも
警報レベルに行かない雨で
崩れたケースもあったと
記憶していますので、
この要因は
それだけではないでしょう。

いずれにしても、この先の雨でも
警報が出なくても
急傾斜地を中心に
(大規模ではないにしても)
土砂崩れには注意しておいた方が良い
思っておいていただければと思います。

とくに、現在、
日南・串間付近を中心に
地面の中の雨の量も多くなってきました。


きょうも、前線北側での
弱い雨雲が時おりかかっています。

午後になって
やや活発な雨雲も出来てきましたが、
週末ほどの
まとまった雨雲ではありません。

前線の北側なので
きょうの昼間も
蒸し暑さが抑え目になりました。

あすも前線は九州南岸で
あまり動かない予想ですが、
きょうよりも
やや活発になるタイミングがありそうです。

きょうの資料だと
そのタイミングは午後になっています。

土中の雨が多くなっている南部ほど
雨が強まりやすい予想ですので、
注意しておきましょう。

土の中の雨の量を指数化して、
その土地に合わせて危険度を
色分けして示す気象庁の
土砂災害警戒判定メッシュ情報は、
こちらです。

注意報レベルの黄色がつくまで
危険度が迫っているかどうか分からない
不親切な気象庁の情報ではあるのですが、
黄色がかかってきたエリアの
急傾斜地では
注意を十分にしていくという
目安にはなるでしょう。


あさって以降は、
徐々に南海上の太平洋高気圧が
強まってきそうです。

それによって、梅雨前線も
少しずつ北上傾向になって行くでしょう。

木曜日くらいまでは
前線が近くて
雨雲がかかりやすい予想ですが、
これは、前線の北上の度合い次第です。
早ければ、
早いタイミングで回復に向かうでしょう。

金曜日からは、
太平洋高気圧が張り出してきます。

夕立などは起きやすい
不安定な状態ながらも、
夏空が広がってくるでしょう。

暑さも強まってきそうです。

猛暑の夏に向けて暑さに体を慣らしつつ、
無理せずに熱中症の予防にも
十分に気を付けましょう。

しかし、ちょうどこの週末には、
日南市内の海水浴場と
宮崎市のサンビーチ一ッ葉で
海開きがあります。

また、今週後半、
週末の暑さが
ハッキリ見えてきた時点で
各海水浴場の海開き予定を
お知らせしましょう♪
170626_1 土曜日の午前の
福岡に向かう
機上から見えた
霧島連山
170626_2 昨夕、
走りに出たら
途中で
大きな水たまりがあって
引き換えしました^o^;

悔しいので
写真を撮って
帰りました^o^;
170626_3 大淀川は
流れが早くて
茶色く濁っていました。

帰りの飛行機は
宮崎市より北側の
下層雲が
少ないエリアで
下層雲の下にもぐり
日向灘で旋回して、
海側から空港に着陸。

機上からは
川から流れ込む
茶色く濁った水で
海も茶色く
濁っているのが
見えました。

一方、新月の満潮近くで
増水もしていた川面には
漁船が浮かんでいました。
シラスウナギ漁の
船でしょうかね

週明けにかけて雨の降り方に注意

ノダっち

17年6月23日(金) 17:08

天気の話なノダ

モーニングてらす!でご紹介した
冷凍のお持ちかえりハンバーグ、
ご覧になられたでしょうか??

お仕事の方など
なかなかご覧になれない時間とも
思いますが、
かな~り美味しかったので、
せっかくですから
こちらでも少しご案内しておきます。

お店の場所などは、
モーニングてらす!のFacebookページにも
載っていますので、ご覧ください。

尾鈴サンロードの、西都からだと
青いコンビニの角を過ぎてすぐです。

黒毛和牛をたっぷり使った
美味しいハンバーグが
自宅で食べることが出来て、
しかも2つで600円ですので、
かなりお得に感じます。
(添加物は塩コショウのみで、
 あとは玉ねぎなどの野菜が入っているのみ)

冷凍で売られているのですが、
家で焼くときには、
24時間かけて冷蔵庫で解凍し、
焼く1時間前に常温に出し、
フライパンに並べて
中火で焦げ目がつくまで焼いて、
そのあとは弱火にして蓋をし、
しばらく蒸し焼きにするのがコツです。

都萬牛は、
サシをあまり入れないように
赤身にこだわって生産されているので、
口の中に広がる赤身主体の
臭みがない肉のうまみを感じるために
初めは、何もつけないで
食べるのがオススメでしょう。

適度な塩胡椒が練りこんであるので、
その味だけで十分なのです。

お肉パワーで
この梅雨を乗り切りましょう^o^

また、いつかロケに行けるかなぁ!?
MRTニュースNext、
モーニングてらす!、
どちらかなぁ!?

いつになるかわからないですが・・・

お楽しみに見てくださいね~♪


きょうも、県内は
どっぷり梅雨空です。

北部を中心に
所々で日差しもありましたが、
全般には雲が多く、
南部は所々で
時おり弱い雨が降っています。

引き続き梅雨前線は九州南岸でした。

あすになると、
この梅雨前線が北上してきます。

あす朝で県南部付近に予想され、
あすの夜には、
九州北部付近まで北上しそうです。

さらに、あさっては
朝まで九州北部付近ですが、
月曜日にかけては、
県内付近に南下してくるでしょう。

ということで、
この週末、県内は
雨が降ったり止んだりとなりそうです。

前線が北上して行くと、
平野部よりも山沿いの方が
雨が強まりやすくなります。

山沿いを中心に
大雨になる恐れもありますので、
先日載せた注警報を確認するなど
最新の情報に注意して、
この週末はお過ごしください。

あすの場合は、夜にかけて
前線の活発な部分が近づくため
とくに夜以降に
雨が強まりやすいでしょう。

さらに、週明け月曜日も
平野部も含めて広く
雨雲がかかりやすくなりそうです。

来週の前半にかけて
総雨量が多くなる恐れもありますので、
来週前半までは
引き続き注意が必要になります。

一方、来週の後半になると
南海上の太平洋高気圧が
強まる予想の傾向が続いていて、
金曜日以降は、
夏の青空が見えてきそうです。
暑さが強まる可能性もあります。
ただし、不安定な夏空でしょう。


きょう発表された3ヶ月予報では、
7~9月の3ヶ月を通した平均気温は
平年より高い予想になっています。

平均気温は、
来月も平年並みから
やや平年より高めの傾向が強めで、
8月、9月は平年より高い予想です。
8月は、平年よりも晴れる日が多く、
厳しい暑さの夏になる可能性が
高くなっています。
9月も残暑が厳しいでしょう。

来週後半以降の夏空で
体を暑さにならしつつ、
夏を迎え討たないといけませんね。
ハンバーグ食べて栄養付けましょう!

7月は、
平年並みの天気経過が見込まれていて、
前半は曇りや雨の日が多く、
後半は晴れる日が多い予想です。
やはり平年並み前後での
梅雨明けでしょうか。
ただ、降水量も
平年並みか平年より多いとなっていますので、
梅雨末期の大雨には
気を付けないといけませんね。

そういえば、昨日のプレバト!!では、
送り梅雨、という季語が出ていました。

梅雨末期のこと、
雷を伴うような
梅雨末期の大雨のことのようです。

おとなしく送りたいものですが、、、

防災意識高めておきましょう。

この週末、ノダは
防災の勉強会に参加してきます。

170623_1
スタッフが焼いてくれて
OA後もスタジオで
みんなで食べました♪
170623_2
九州南部の
3ヶ月予報
(気象庁HPより)
170623_3
3ヶ月予報の
解説資料
(気象庁HPより)

この形は、
猛暑型です・・・

こちらは本番です

ノダっち

17年6月22日(木) 17:15

天気の話なノダ

沖縄の梅雨明けが発表されました。

ということは、
コチラが梅雨の本番
いうことですよね。

その通りの
今週の空模様になっていますね。


昨夜は雨が降り出す前にと、
走りに出かけました。

昨夜は、青太の第一関門、
つまり20時にネット申し込みが開始され、
今年は40分ほどで
フルマラソンの締め切りになったようですが、
ノダは無事に申し込みが出来て
関門が突破出来たので、
記念に走ってみたのです。

ただ、
むっちゃクチャ蒸し暑かったです。

今年は、夏の間も
なんとかトレーニングを続けたいと
思っていますが・・・

きのうの暑さには、
やはり夏のトレーニングから
逃げたくなります^o^;


朝にかけて
活発な雨雲がかかりましたが、
活発な雨雲は
早めに抜けていきました。

やはり、早い方だったんですよねぇ。
きのうの午後の気象台の予報が
午後よりになったので
惑わされましたが、
早い可能性を
お伝えしておいて良かったです。

ただ、梅雨前線はすぐ南にあって
北側の弱い雨雲が
日中もかかりやすくなっています。

このため、
昼間の気温が上がりにくくなりました。

今夜はやや北上しそうで、
また雨雲がかかるでしょう。


あすは、再びやや南下する見込みです。

雨が止む所が多くなって
北部平野部を中心に
日が射す所もあるでしょう。

ただ、南部を中心に、所々に
雨雲がかかる可能性もあります。
とくに午前です。
また、午後は、山沿いで
雨雲が湧く可能性も予想されていて、
北部山沿いなど、急な天気の変化に
お気を付けください。

その分、少し暑さが戻りそうです。

そんなあすは、
先週お知らせしたロケに出かけた分
モーニングてらすでOAされます。
よかったらご覧くださいね^o^


あさってから日曜日にかけては、
梅雨前線が次第に北上します。

九州北部付近にまで北上しそうです。

九州の北まで上がったタイミングでは
平野部では
晴れ間が出るかもしれませんが、
不安定です。

一方、九州北部、東シナ海側を中心に
大雨に気を付ける必要が出てきて、
県内の山沿いにどの程度入ってくるか
注目していく必要が出てくるでしょう。

来週の前半にかけては
梅雨前線が九州付近で、
来週後半は、
太平洋高気圧が強まってきそうです。
きのう書いた流れが続いています。


きょう発表された一ヶ月予報では、
週間予報の来週後半に
太平洋高気圧が強まる傾向を
そのまま引き継いでいて、
今月末から7月の一週目は、
夏空が広がりやすくなりそうに見えます。
ただし、不安定な夏空でしょう。

一方で、8日以降は、
再び太平洋高気圧がしぼんで
現在くらいの勢力になりそうです。

そうなると、次にしぼんだ後で
来月半ば以降で
次に膨らんできたタイミングが・・・
ということになってくるでしょう。

一方、3週目以降の資料では
フィリピン付近に気になる影もあります。
こちらで発生する雲の動向にも
注意しないといけない季節にも
なってきそうです。

ただし、気象庁は
7月1週目の太平洋高気圧の勢力を
やや割り引いて考えて
予報を発表しています。
この期間、
梅雨前線は日本海付近まで
北上するように想定されていますので、
県内に関しては、上に書いたように
不安定な夏空になる
可能性があるでしょう。
170622 あすの
ハンバーgood!!を
編集中のNディレクター

お楽しみ~♪

2124件

1 2 3 4 5 6 7 ...425

投稿月