2386件

1 2 3 4 5 6 7 ...478

県内、あすまでが暑さの峠か!?

ノダっち

18年7月18日(水) 17:24

天気の話なノダ

厳しい暑さが続いていますが、
県内は、少し
この暑さが和らぎそうな
出口が見えてきました。


きょうも、
山沿いの各地は
35度前後まで気温が上がっています。

一方、海風が入っている平野部は
ほぼ平年並みの気温です。
宮崎市内は、日かげにいると
涼しい風も感じられました。


全国的には、
きょうは5年ぶりに
岐阜県で40度を超える
酷暑となったり、
まだまだ暑さが続くと、
ニュースになっていますが、
県内は、そこまでではないですね。

ひとまず、この山沿いの暑さも
明日までが峠となるでしょう。


あすも、高気圧が強く、
強い日差しで気温が上がります。

きょうまでと同じで、
海風が届かない内陸ほど
気温が高くなるでしょう。

山沿い盆地部を中心に
引き続き、厳重に
熱中症予防をしてください。

一方で、今日の県内上空は
薄雲も増えてきています。

少し上空の
高気圧が弱まってきた気配も
感じました。

明日以降、さらに高気圧が
北に移動していき、
県内は高気圧の南側に入ります。

亜熱帯側です。


あさって以降、
九州南部付近での上空は
高気圧も弱まる見込みです。

また、
高気圧の南側に入ると
東からの風が吹いてくるため、
県内には湿った空気の
流れ込みが強まります。

さらに、あす朝にかけて
フィリピンの東では
台風が発生する予想です。

この台風は、
太平洋高気圧の南縁を進みます。

九州の南で高気圧が弱まるため、
9号よりも北よりで、
沖縄付近から東シナ海に入り、
中国大陸に向かいそうな
週間予報の資料です。

直接の影響はないものの、
台風の北上により、
東からの湿った空気が
より一層
入りやすくなる可能性があります。

ちょうど
梅雨明け発表前の数日のような
状況になりやすいでしょう。

金曜日以降は、
沿岸戦から少し内陸に入った
地域を中心に
にわか雨が起きやすくなる可能性あり、
洗濯などにも気を使いそうです。

大きな洗濯などは、
あすの日差しで
しっかりと済ませておくのを
おススメします。


きょうも
甲子園をかけたベスト8の
熱い試合が繰り広げられていますが、
ベスト4と決勝が予定される
週末になりますので、
こちらへの影響も心配です。

また、海には
新たにできる台風により、
あすから次第に
うねりが入ってくるでしょう。

この週末に
海水浴などの海のレジャーを
予定されている方は、
最新の波の情報に注意し、
とくに小さい子供がいる場合、
慎重に並みの状況を見極めて
検討してください。

雲が増える分、
日差しが弱まりがちで
暑さも弱まる予報になっていますが、
湿度が高くなって
不快な暑さかもしれません。

熱中症には、
引き続き注意が必要でしょう。

来週になって、
高気圧の強さの回復など、
まだ資料がばらけています。
今後の新しい予報で
ご確認ください。

180718_1
昼ごろの
宮崎市役所付近から
西の空

少し薄雲が多い
空でした。
180718_2
きょうの
アイビースタジアム上空

中継ディレクターより
「暑いです!」
と届きました。

決勝まで
良いコンディションで
進むと良いのですが・・・

 

やはり西米良が控えめ

ノダっち

18年7月17日(火) 17:29

天気の話なノダ

いやぁ、うだりますね。

宮崎市内は、
海風が入っているので、
山沿い地域の盆地に比べると
まだマシな方なのですが、
それでも、やはり暑いです。

きょうの最高気温は、
えびの市加久藤で
36.8度まで上がりました。

日曜日に出た
今年一番の37度までは
更新していません。

去年のこの日記で、
西米良の気温について、
少し考察しましたが、
今年も、やはり
西米良の気温が控えめに感じます。

7月12日に35.9度まで上がって、
その日の
県内一位になった履歴はあり、
去年のなかなか猛暑日が出なかった
ほどではないのですが、
きょうのような
加久藤が上がる状況では、
以前の西米良なら
トップ争いをしてきたはずです。

風のデータを見ると、
一昨年以前よりも
やはり少しだけ
しっかり強めに見えます。

移設された影響はありそうです。


あすも、引き続き、
強い高気圧に覆われます。

高気圧中心が近くにあって
気温が上がりやすく、
夕立雲も発達しにくいでしょう。

夕立があると、
涼しい風が吹いてきますし、
雨が地面の熱も
奪ってくれるのですが・・・

農作物、庭の花木などへの
水やりなども、
頑張ってください。。。

引き続き、日中は
きょうと同じくらいまで上がって
内陸を中心に
熱中症に警戒が必要になります。

のどが渇く前の、
こまめな水分補給など心がけましょう。

きょうのNextで
注意を呼び掛けてもらいましたが、
車の中での
温度上昇にもお気を付けください。

みなさん、感覚でお分かりの通り、
濃色車ほど早く気温が上がります。
この炎天下では、
閉め切っていると、
短時間で危険温度に上昇しますし、
サンシェードなどしていても、
車内温度の上昇が
ほんの少し緩やかになるだけで、
1時間も停めていると
あまり関係ないようです。

毎年、呼びかけても呼びかけても
置き去りによる熱中症事故が
報道されてします。

家族でレジャーなどに出かけることも
多い時期と思いますので、
くれぐれも、お気を付けください。

少なくとも、
あさってもよく晴れて
厳しい暑さが続くでしょう。


金曜日以降は、
次第に高気圧が北に
偏っていきそうです。

県内は、高気圧の軸の南側になり、
東から湿った空気が
流れ込みやすくなります。

太平洋高気圧の南側は
亜熱帯的立場です。

高気圧が上空で強ければ、
東から空気が入っても
大きな影響はないでしょうが、
北に偏ると、
雨雲が発生して
にわか雨が起きやすくなる
可能性があります。

週末は、甲子園をかけ戦いが
いよいよ佳境を迎えますので、
天気に少し気をもむことに
なるかもしれません。

180717
MRTmiccの
駐車場から
北の空

モクモクした雲が
あったものの、
成長は
しませんでした。

下の緑の
公園からは、
おとなしめの
せみ時雨が
聞こえています。

 

猛暑続く

ノダっち

18年7月16日(月) 17:27

天気の話なノダ

予想通りに、
暑い週末でしたね!!

きのうは、県内今年最高の
37度の微熱並みが
えびの市加久藤で出ています。

ノダは、
いつもの地元のお祭りに
熱く過ごした土日でした♪

会場にお越し下さった皆様、
ありがとうございます!!

天候にも恵まれて、
最高の盛り上がりでした♪

暑かった半面、
夕立も気にせずに
運営できたのは良かったです。

川沿いでは、
海からの涼しい風も吹いていて、
日陰にいると快適で、
日が沈んだ後は
だいぶ過ごしやすくなりました♪


音響席からは、
正面に細い月と金星
きれいに見えていたのですが、
きょうは、この二つの星が
だいぶくっついて見えます。

日没後の
西の空に注目です。

きょうも、よく晴れていますので、
きれいに見えるでしょう。

細い月の、
影の部分がぼんやりと見える
地球照にも注目してみてください。
地球照は、
太陽から出た光を地球が反射し、
月の影の部分に当たって再反射し、
それが再び
地球に帰ってきて、
ぼんやり見える現象です。
月が細くて、
よく晴れているときに、
見ることができます。

薄明が残った空で
明るく輝く一番星・金星と
地球照を伴う細い月とのコラボは
目を引くことでしょう。

なお、
西の空が開けた所では、
少し暗くなってくると
金星と月の右下にも
明るい星が見えてくると思います。
こちらは、
しし座の一等星、レグルスです。


きょうも、高気圧が
九州上空で強く、
朝からの強い日差しで
気温が上がっています。

最高気温は、


あす、あさっても、
引き続きよく晴れて、
厳しい暑さが続くでしょう。

熱中症予防とともに、
夏バテ予防もお気を付けください。

ペットや家畜の体調管理も
注意が必要です。

なお、梅雨明け発表のころから
県内の平野部付近には
気象庁のレーダー画面で、
所々に晴天エコーが
出やすくなって言います。
(晴天エコーについては、
 過去にこちらの日記
 詳しく考察していますので、
 興味のある方はご覧ください。)

偽物のエコーのことが
多いですので、
レーダーをご覧になる際には
ご注意ください。
(きのうも晴天エコーが
 出ていました。)


週の後半になると、
東から湿った空気が入りやすくなる
資料もあります。

ただ、これは、
今、盛んに雲が沸いている
フィリピン東海上の雲のまとまり具合、
その後の進路や、
周辺の空気の動きによって
変わってくるでしょう。

この雲が、太平洋高気圧の
強い状況を維持させやすくなる
可能性もあります。

週後半の予報に関しては、
もう少し様子を見てください。
180716_1
ファイヤーパフォーマンスと
細い月と金星

昨夕の
細い月(三日月)と
金星は
斜めに離れて
見えていましたが、
今夜は
ぐっとくっつきます。

なお、
今夜の月は
月齢3で、
旧暦4日の、
四日月になります。
180716_2
きのうの昼ごろに
午前中のまつり準備が
ほぼ終わったころ、
南の空に
夏雲の列が
見えました。

ただ、こちら、
入道雲に
発達することは
ありませんでした。

高気圧が
強かったようです。

溽暑に注意!!

ノダっち

18年7月13日(金) 17:30

天気の話なノダ

きのうのプレバト!!の
俳句名人、梅沢さんの句を見て、
あぁ、そうだな、
と改めて思い出しました。

この蒸し暑い中で、
静かに眠る街があるのですよね。

そして、今回の豪雨によって
家に帰れない皆様も、
厳しい蒸し暑さとも
戦ってらっしゃいます。

先日の豪雨では
県内でも亡くなられた方がいたと、
判明しました。

もっと時間をかけて
情報を伝えるべき
体制が取れなかったか・・・
悔しい思いです。

きょうの暑さが、
余計に蒸し暑く感じます。

溽暑、という季語、
なかなか天気の放送で
使う機会は難しいですが、
挑戦してみたいと思いました。

意味としては、
湿度が高くて、
ひどく蒸し暑いことです。

そこには、
なんだか、憤りとか
そんなものも含まれていると、
夏井先生は言われてましたね。

しかし、きょうから週末にかけての
県内の暑さは、
ひどく蒸し暑いものになるでしょう。

この溽暑と感じる方も
いらっしゃるかもしれません。

しっかり体調管理を心がけましょう。


きょうの県内も、
広く晴れて、
厳しい暑さになっています。

えびの市加久藤が
きのうに続いて35.3度まで上がって
猛暑日となりました。

一方、夕立は、
きのうよりも小規模で、
霧島付近の一部にとどまっています。


連休中も、
最高気温は、内陸を中心に
35度前後まで上がりそうです。

とくに日曜日にかけては、
海風に変わるまでの間に
平野部でも気温が上がりやすいでしょう。

さらに、昼の気温が高すぎるのでは、
夜も蒸し暑さの続く所がありそうです。

夜、寝ている間の熱中症にも
お気を付けください。

そういう意味では、この連休中、
時間、場所に関係なく、
熱中症に気を付けて
予防をしていただきたいと思います。

基本は、
喉が渇く前に水分補給をすること、
また、汗をたくさんかいたら、
塩分も適度に補給することです。

そして、炎天下では
時々日陰や涼しい所で
休憩して体温を下げましょう。

また、室内でも
カーテンをして日差しを遮ったり、
扇風機で室内の空気を動かしたり、
無理をせずにエアコンを使用し、
室温を下げつことも大切です。

なお、熊本県に近いエリアの
一部で夕立の可能性もあります。
大規模にはならないでしょう。


少なくとも1週間は
まとまった雨雲の接近が
予想されていません。

つまり
地面を冷やしてくれる効果も
期待しにくい状況です。

熱中症予防とともに、
夏バテ予防も
気にかけておきたいですね。

水ばかり取りすぎずに
しっかりと
栄養があるものを食べて、
2018 FIFA ワールドカップも
月曜で終わりますし、
睡眠時間も確保しましょう。

ペットや家畜の
体調にもお気を付けください

180713_1
今日昼頃の
宮崎市内から
南西の空。

夏空です。

遠くに
入道雲も
見えました。

一部が
霧島付近で
夕立雲になっています。

毎年恒例ですが、
15日(日)に
ココでお祭りが
あります。
今年も、ノダも
イチスタッフで
参加です♪
180713_2
昨夕の
MRT上空

山沿いで出来た
夕立雲から
出来てきた
中~上層雲が
キレイでした。

夏バテ予防を

ノダっち

18年7月12日(木) 17:25

天気の話なノダ

梅雨明け初日の昨夕は、
秋のような薄雲と夕焼けが
キレイでした。

高気圧に覆われているものの、
上空を
弱い気圧の谷が通過したためです。

一方で、きょうは
梅雨明けらしく、
朝からよく晴れて、
暑くなっていますね!

南から高気圧に覆われてきたため、
気温が上がりやすい状態です。

最高気温は、
西米良で35.9度まで上がって
今年の県内一番を更新しました。

地面付近に
湿った空気が残っているため
気温が上がるほど、
軽くなった空気が上昇しやすくなり、
入道雲を作りやすくなります。

きょうも、
県境付近を中心に
所々に入道雲が出来ました。

ザーッと
夕立になった所もあるようです。

これまた、夏らしい
景色になってきています。


あすも、高気圧に覆われて
よく晴れます。

引き続き、山沿い一部での
夕立にお気を付けください。

ただし、きょうほどの
夕立にはならないでしょう。

きょうよりさらに
暑さが強まる可能性があります。

熱中症にならないように
ご注意ください。


土曜日以降は、夕立の規模が
さらに小さくなりそうな資料です。

その分、
暑さが強まりやすいでしょう。

高気圧に覆われて
陸が温められて
海陸風になりますので、
日中には沿岸部に海風が吹いて、
内陸ほど気温が上がりやすくなる
パターンです。

3連休中も、
基本的には晴れて、
内陸を中心に暑くなります。

熱中症に気を付けて
レジャーを楽しんでください。


きょう発表された1ヶ月予報では
この先一ヶ月の平均気温も、
平年より高い予想です。

少なくとも
来月上旬までは
晴れて暑い日が多いでしょう。

また、とくに21日からの1週間も
平年より高い予想で、
来週末以降も
厳しい暑さが
続きやすくなりそうです。

一年で一番暑い時期の
平年より高い予想ですので、
ひどい暑さに注意
言っていいと思います。

とくに、海風が入らない
内陸を中心に
気を付けておきましょう。

180712_1
昼過ぎの
MRTから南西の空

都城あたりに
出来ていた
夕立雲と思われます。
180712_2
きのうの夕焼け
180712_3
梅雨明けの夕方に
宮崎上空を
飛んだ飛行機から
撮られた写真

友人が
提供してくれました。

東から流れ込んだ
湿った空気により、
低い雲が
点々と列を作っています。

また、大淀川など
河川から流れ込んだ水が
海に注いでいるのも
外洋の水との
さかいめが出来ていて、
よくわかります。

友人は、
山の有機物が、また
海の生物をはぐくむんだな、
と思ってみていた、
とのこと。
確かにその通りですね!
180712_4
きょうの最高気温

2386件

1 2 3 4 5 6 7 ...478

投稿月