100つの魅力 都農のトマト

2019年5月22日

都農町の魅力の一つである「トマト」。
道の駅つのには、毎日生産者の皆さんが直接「新鮮なトマト」を届けています。



このようにポップがあって、生産者のこだわりや人柄もわかって
親しみを感じますよね~!


今回は、都農町のトマト生産者3名の方に自慢のトマトをPRしてもらいました!



右の方が、トマトを作り始めて5年。センコーアポロの松尾孝治さんです。
松尾さんがPRしたトマトは、「グミトマト」!
グミのような感触で、トマトの皮が薄く口の中で溶けちゃいます!!
糖度が7度以上で酸味と甘みのバランスが絶妙な「フルーツとまと」もおすすめです。

中央の方が、トマトに厳しく人には優しい。わそう農園の宮﨑和弘さんです。
ごくとま」を作られています。
ごくとまは、土を使わず特殊な栽培方法で、トマトの栄養や糖度を最大限に引き出しています。
トマトが苦手な方でも食べられると言われているトマトです。

左の方が、サーフィン大好き奥様は元ナース。TOMATO LABELの黒木新悟さんです。
黒木さんがPRしたトマトは「ニーゴ25。
ニーゴ25。の由来は・・・
黒木新悟 → ニューゴ → ニーゴ ※ちなみに都農町の局番も25!
食感が良く、爽やかなトマトです!

今回ご紹介した以外にも、たくさんのトマトが道の駅「つの」にはあります。
いろいろな種類のトマトを食べ比べするのも楽しいですよ!
是非、自分の好きなトマトを探してみてください♪