宮崎で南極越冬体験!?

宇田川隊員

17年6月23日(金) 10:43

飯野高校で、ある特別授業が行われるということでやってきました!

その特別授業とは、「南極くらぶ」による遠隔授業

飯野高校と東京を繋ぐのが、NECネッツエスアイとNTT西日本が構築した
遠隔授業システム「スムーススペース」です。



地域にいながらさまざまな視点の学習活動を行い、都市部とのハンデを解消し
生徒の学習の幅を広げることができます!


まずは、地元の小学生が参加してスタート!

今回は「南極くらぶ」ということで、講師の田村芳隆さんに東京から南極の話をしてもらいました。
田村さんは、南極観測隊員として、2度にわたり南極でおよそ1年間ずつ生活しました!



田村さんは、南極での生活や自然科学の様子を動画を交えて紹介しました。
ほとんどタイムラグのない、臨場感のある授業でした!



そして授業の中で、南極の氷の話に。
地球上にある氷の約90%が、南極大陸にあるといわれています。

その南極の氷を直接見せてもらえました!
南極大陸の氷は、雪が積もって積もって押しつぶされて氷になるそうです。
すると、雪が氷になるので空気が入って、氷の中に気泡が入っているのです!



今回の氷は、約1万年~2万年前に降った雪が氷になったもの。
そこに水を注いで、耳をすませてみると・・・



普通の水なのに、パチパチと炭酸水のような音がします!
子供達も驚きながら、音を聞いていました!





また、南極越冬隊員が厳しい冬を乗り越える時に着る「羽毛服」も見せてもらいました!
実際に着ることも出来ます!!



「わー!重い!!」「あったかい!」

と、興奮した様子でした!!


小学生の部の後は、飯野高校生が授業に参加します。
田村さんは、より専門的な南極観測隊の活動を語ってくれました!



質疑応答では、いろいろな質問を田村さんに投げかけました。

最後に田村さんから、
「夢は、諦めなければ叶う」というメッセージが送られました。

自分の知らない分野の話を、遠隔授業で深く聞くことができ、
将来の夢の選択の幅が広がったのではないでしょうか。


調査の模様は、6月24日(土) 夕方6時50分~の放送を是非ご覧ください♪
約1万年~2万年前の空気の音に、びっくりされると思いますよ!

「みやざき家庭教育サポートプログラム」を調査!

宇田川隊員

17年6月16日(金) 15:52

県庁7号館で、「サポ・プロ」の研修会が行われるということで調査してきました!

県生涯学習課の吉永登志孝さんに、「サポ・プロ」について伺いました。



「サポ・プロ」とは、「みやざき家庭教育サポートプログラム」の略で、
幼児から中学生の子供を持つ親、中学生や高校生など、これからの親世代、祖父母やシニア世代、
そして地域住民を対象とした参加体験型の学習プログラムだそうです。

「サポ・プロ」には、親としての役割や子供との関わり方、地域の親子の支援の仕方などを学ぶ
プログラムがあります。

今回の研修会は、地域の家庭教育支援に関する取り組みの推進役として「サポ・プロ」の普及を図る
チーフトレーナーを養成するための開催でした。

研修会では、初めに「家庭教育力向上のための支援の在り方」と題して
武庫川女子大学の西井克泰教授が講義・演習を行いました。



その後ロールプレイングを実践!
子供が親にスマートフォンを買ってとせがみ、親はそれに反対する設定で、
家族、特に親子の関わり方を体験しました。



実際に私も両親と「携帯が欲しい!」「まだ早い!」という攻防を繰り広げた過去があるので、
皆さんのロールプレイングがとても面白かったです!

この体験をを通して、色々なものの見方や気づきを促すことが狙いです。


続いて、チーフトレーナーとして活躍する福留健一さんが、
親子のコミュニケーション「子供のほめ方、叱り方」のプログラムを参加者と共に実践。







私も参加させていただき、皆さんと意見交換しました。
このプログラムで大切なことは、お互いの意見を否定しないこと。

参加・交流を通して、色々な気づきを得ることが大切なんです!


今回、11人がチーフトレーナーとして認定されました。
任期の平成32年3月まで、サポ・プロの普及に努めていくことになります!
皆さん頑張ってください☆

調査の模様は、6月17日(土) 夕方6時50分~の放送を是非ご覧ください♪

県高校総体開会式

加藤隊員

17年6月8日(木) 17:44

熱戦が繰り広げられた、県高校総合体育大会
今年も、高校生の熱い戦いに、感動をもらいました☆

 



まなび隊では、5月27日(土)に行われた総合開会式に注目しました!


当日の天気は快晴で、絶好の開会式日和!!
朝から、KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場には、沢山の高校生や先生方が集まりました!
生徒の皆さんの中には、競技に出場する選手だけでなく・・・・・

楽器を手にした人 や、楽譜を手にした人、発声練習をする人



そして・・・お花!?を手にした人まで!!



そう!!

高校総体では、会場の設営から、式典の準備、進行などを、高校生が行っていたのです!
『STAFF』と書かれたビブスを着て、テキパキと会場内を動き回り、準備をする高校生のみなさん!
インタビューをしてみると、仲間を応援したい気持ちで、一生懸命活動しているんだそうです。


もちろん、開会式のお手伝いをしている生徒さんも、選手の一人だったりします!
ライバルであり、応援したい仲間なんですね~☆

開会式での、みなさんの笑顔は弾けていました!



開会式を支える高校生の姿は、6月10日(土)放送
みらい・みやざき・まなび隊でご紹介します!

是非、ご覧ください★

265件

1 2 3 4 5 6 7 ...89