廣末隊員

まなび隊 平成29年度 総集編 

廣末隊員

18年3月30日(金) 10:55

隊員の廣末です。

年度末、いよいよ平成29年度も終わりが見えてきました!

ということで、今週のまなび隊では、総集編をお送り致します。

ブログでも、この1年を振り返ってみましょう☆




加藤隊員は、住吉中学校のスーパーティーチャーと呼ばれる
すてきな先生に出会いました。

スーパーティーチャーとは、優れた教育実践力を持つ先生のことで、
その専門的な知識や経験を生かして、県教職員の指導力向上を図る、
いわば先生方のお手本となる先生です。 

すばらしい先生が作りだす、すてきな授業でした。




宇田川隊員は、農業の本来の楽しさを学ぶカリキュラム
「都城農業高校のデュアルシステム」を調査しました。

このシステムはですね、
「働きながら学ぶ、学びながら働く」ということを大きな目的として
年13回、研修先に訪れて実習を行うというシステムです。

IT技術を導入した仕事の効率化など、専門的な学びでした。




瀬藤隊員が調査したのは、都農高校の学習ボランティア
高校生が都農南小学校で学習のお手伝いをしました。

お互いに接することで、小学生は学ぶ楽しさを、
高校生は教えることの楽しさを味わいました。


その他、様々な宮崎県の教育の取り組みを調査した、まなび隊!








来年度は、どんな取り組みを調査するのか、お楽しみに!



今年度最後の番組は、放送時間がいつもと異なります!

3月31日(土)午後6時20分~午後6時30分 です。

ぜひご覧ください!!!

「地域学校協働活動」推進にかかる県教育長表彰

廣末隊員

18年3月2日(金) 15:34

2月6日、県電ホールで「地域学校協働活動」推進にかかる表彰式が行われました。




「地域学校協働活動」とは、学校と地域が連携して
地域全体で子どもたちの成長を支えていく活動のことを意味します。

この活動に関して、その取組が特に優れ、他の模範と認められる個人および団体に対して、
その功績をたたえ県教育長が表彰しました。

今年度、表彰を受けたのは、6個人4団体
受賞者のみなさんに、四本孝教育長から表彰状が授与されました。




喜びあふれる受賞者のみなさん。
それでは、実際にどのような活動をしているのでしょうか?
まなび隊は、「食と健康を結ぶ会 AYA」に注目しました。




綾町にある綾公民館。
この日は、「食と健康を結ぶ会 AYA」の会員3人が講師となり
地元、綾町の保育所に通う親子のみなさんといっしょに料理を作る
親子料理教室が開かれました。




今回、野菜をたっぷり使ったちゃんぽんなど栄誉バランスを考えた健康メニューを
小さな子どもでも手伝える料理方法で作りました。




野菜を切って、ハンバーグをこねて、料理の完成!
親子で作った料理をみんなでいただきました。
おいしそう!!




「食と健康を結ぶ会 AYA」では、このような活動のほか
放課後子ども教室や通学合宿での料理指導に加えて
栄養指導の講話なども実施しています。

今回の親子料理教室は、食と健康だけではなく、親子のつながりも深まった
活動となりました。

このように優れた地域学校協働活動を行う受賞者の方々。
地域でみやざきの教育を応援します。




この模様は、3月3日(土)夕方6時50分からのまなび隊で放送します。
ぜひご覧ください♪



県総合博物館講座「おもしろいタネのしくみ」

廣末隊員

18年2月22日(木) 16:43

宮崎県総合博物館は、自然史・歴史・民俗の総合博物館として1971年に開館。
収蔵資料は、およそ13万点をかぞえ、開館以来、県民のみなさんに親しまれています。

そんな総合博物館では、室内だけではなく屋外講座などを実施して
さまざまな分野を学ぶことができます。



今回は、「おもしろいタネのしくみ」という講座を調査しました!
講座には、小学生以下の児童と、その保護者合わせておよそ20人が参加しました。



植物は、ふだん動くことができませんよね。
動くのは、「タネ」のときです。
タネによっては、水に流されたり、風で運ばれたり、動物に食べられたり、
いろんな方法で運ばれます。

今回は、そのタネについて紹介し、そのしくみの中でも、特に“飛ぶタネ”について
いろいろ模型を作ったりしながら学んでいきました。

 

 


最後に、作ったタネの模型をみんなで飛ばしました!
博物館に個性的なタネが舞い広がりました。



不思議なタネの世界について詳しく知りたい方は、
2月24日(土)夕方6時50分から放送のまなび隊を是非ご覧ください☆

115件

1 2 3 4 5 6 7 ...39