瀬藤隊員

ホタルに情熱を捧げる高校生!

瀬藤隊員

18年11月30日(金) 14:57

隊員の瀬藤です。

今回は、
門川高校 ホタル研究班
の活動を調査しました。



門川高校ホタルプロジェクト班は、代々先輩から引き継いできたテーマをもとに、
ホタルを飼育し、研究しながら命の大切さを学び、また地域環境保全も積極的に
行うグループです。



こちらはホタルの幼虫です。
ホタル班の皆さんは、このホタルの幼虫を丁寧に育て、





(幼虫と共に、水の中にいる貝はエサです!)

そして学校内のビオトープに放流します。



ちなみに、このビオトープも歴代ホタル班による手作りのものなんです!!



放流された幼虫は、約半年をかけて成虫になり、このビオトープのある庭で光りながら乱舞するそうです。
そのホタルの舞を見に、地域の方々も訪れるそうですよ!


さて、この日私たちが密着したホタル班の活動はというと…
ホタルの住みやすい環境を作るための環境保全活動です!



門川町内にある竹名地区という場所で、地域の皆さんと清掃を行いました。



これは、宮崎県が展開しているクリーンアップ宮崎に合わせて実施されたもので
ホタル班のメンバーは竹名地区にある水路や河川のごみ拾いを重点的に行いました。





ゴミ拾いが一段落したところで、今度はホタルの幼虫の餌となる、
カワニナという巻貝の採取を行いました。



採取したカワニナは、ホタルの幼虫が集まる、
竹名川の上流にあるホタルの里に放流しました。



そのホタルの里



一部が動物によって荒らされてしまったため、
こちらも門川高校ホタル班と地域住民の皆様が力を合わせて、きれいに清掃しました!



門川高校ホタル班の皆さんは、ホタルの飼育や研究を通し、
地域の環境保全活動や、地域の皆さんとの交流も積極的に行っていましたよ!
門川町全体をホタルの舞う街にすることが夢だと、皆さん仰っていました!



こちらの模様は、12月1日(土)11時15分から放送
みらい・みやざき まなび隊で!!
 

農業を通して国際交流

瀬藤隊員

18年11月8日(木) 15:12

隊員の瀬藤です。

今回は、宮崎北高校で行われている
国際交流の取り組みを調査しました。



この国際交流プログラムは、
宮崎北高校の姉妹校である、
タイ王国のカセサート大学附属高校
そして、さくらサイエンスプランで招聘されている
台湾の二つの高校の生徒と先生を招き、様々な活動やグループディスカッションを通して、
コミュニケーション力の向上や、広い視野の獲得、そして国際感覚の育成を目指すものです。

この日の集合場所、宮崎北高校には、
宮崎北高校の生徒と共に、ホームステイをするタイや台湾の高校生たちが登校してきました。



この日の校外活動は、
宮崎の自然を感じながら交流を深めるというものです。

向かったのは、照葉樹林の町・綾町にある、

農業生産法人、綾・早川農苑です!

ここでは、白菜の苗の植え付けや、
ニンジン畑の除草作業など
実際に土に触れながら、体全体を使っての農業体験を行いました!

 

 



もちろんここでの会話は全て英語!
宮崎北高校の生徒たちも、英語でコミュニケーションをとりながら
楽しそうに農業体験を行っていましたよ!!

 



畑での作業が終了した後は、
早川農苑で収穫した食材を使った料理をみんなで頂き、自然の恵みを味わいます。

綾でとれた野菜に、皆さん舌鼓!!



食事をしながら、さらに皆さんとの絆を深めていましたよ!



農業を体験し、その恵みを味わった後は、
早川農苑の早川ゆりさんが、生徒たちに農業の仕事や魅力を語り、
農業について共に考えました。



宮崎の大自然の中で農業を通して、
今回も素晴らしい交流ができたようです!!



この模様は、
11月10日(土曜日)お昼11時15分から放送
みらい・みやざき まなび隊でお送りいたします!!

是非ご覧ください!!

星空に情熱を捧げる高校生!

瀬藤隊員

18年11月2日(金) 10:57

隊員の瀬藤です!
今回の舞台は、都農高校です。



都農高校には県内で唯一、星を研究する部活動、
天文科学部があるんです。
その天文科学部の魅力を調査してきました!

部員の皆さんが活動をしている、部室にお邪魔をすると、
沢山の望遠鏡がお出迎えしてくれます。



普段なかなか見る機会がないので、改めて見るとすごいですね!!

その部室では、日々3人の部員の皆さんが活動を行っています!



この日は、翌日に控えた研究成果発表会の練習を顧問の
河野先生と共に、熱心に行っていました。



皆さん、どんな研究をしているのかというと、
流れ星の研究です!!

校舎に設置したカメラで毎日、流れ星を撮影し、
撮影したものを日々チェックし、鳥や飛行機などの映像を除き、
流れ星のデータだけを保存していきます。



この膨大なデータをもとに、研究をしていくのです!!

非常に専門性の高い研究内容で、驚きました!


さて、今回は、研究の成果を発表をする研究発表会にもお邪魔させて頂きました。



文化や化学技術の交流を図るフォーラムの中で行われるもので、
ポスターセッション形式県内11の中高生が16の研究成果

発表し優劣を競います。

 



都農高校天文科学部の皆さんも、これまでの努力の成果を発揮します!
皆さん、しっかりと研究成果を伝えられたそうです。



天文科学部の皆さんは、来年2月に行われる九州大会
にも出場されるという事で、

星空に情熱を注ぐ、都農高校天文科学部の皆さんたちの熱き活動はまだまだ続きます!

 



詳しくは、
11月3日(土曜日)お昼11時15分から放送
みらい・みやざき まなび隊を是非ご覧ください!!

41件

1 2 3 4 5 6 7 ...14