加藤隊員

たちあがろう 未来を担う中学生交流事業

加藤隊員

18年10月11日(木) 16:39

たちあがろう 未来を担う中学生交流事業」とは、
宮崎市が、東日本大震災の被災地である 宮城県山元町の中学生を宮崎市に招待し、
交流を深めているもので、平成23年度から続いています。

平成25年度からは、宮崎市の交流団も山元町を訪問し、復興を応援しています。

今回は、団長として、青島中学校の黒木辰哉校長
檍中学校と青島中学校の生徒合わせて12人が、交流団として参加!
宮崎市教育委員会 西田 幸一郎 教育長も同行しました。

交流事業は、3日間の日程で山元町を訪れ、地元の中学生と交流したり、防災について学んだりします!




また、山元町東日本大震災の慰霊碑では、犠牲者の冥福を祈りました。
そして、震災遺構として、災害の記憶をとどめる旧・中浜小学校を訪問。



こちらでは、当時の話を聞きながら、もしもの時、どのように行動したらいいのかを学びました。

2日目は、山元町の2つの中学校と交流!
それぞれの学校の紹介をしたり、郷土料理を食べたりして、親睦を深めましたよ!
交流の中では、防災カードゲームを使って、災害時の対処方法をしっかり学習。
学びの多い一日となったようです。



また、その日の夜は、ホームステイ!
楽しい夜を過ごしたようです♪



3日間の交流を終えて、生徒の皆さんはどのようなことを感じ、学んだのでしょうか??
10月13日(土曜日) お昼11時15分~放送の、
みらい みやざき まなび隊 を ぜひ、ご覧ください。


高校生が、ワークショップで、宮崎の教育を考える!!

加藤隊員

18年10月5日(金) 10:09

9月23日 宮崎大宮高校で、第40回

県高校総合文化祭生徒会交流部門が開催されました!

この活動は、各学校の生徒会が交流し、結束を強め、

よりよい発展を目指すものです!


今回は、46の学校から、143人の生徒会役員が参加して、交流が行われました♪



まずは、「宮崎の特産品〇×クイズ」で交流を深めます!
その後、それぞれの学校の特徴が紹介され、

お互いの違いなどを知り、理解を深めましたよ~!


そして、生徒の皆さんは、班に分かれて、宮崎の教育について考えます!

「宮崎の教育の課題は何か?」をテーマに、

積極的に意見を出し合う、皆さん。



課題を出し合った後は、その課題に対して

「どのような対策を行えばいいか」を話し合います。


果たして、どんな課題が出て、どのような対策が考えられたのでしょうか???

 



詳しくは、10月6日(土曜)お昼11時15分~放送の、
「みらい・みやざき まなび隊」をご覧ください!!!

地域の伝統芸能に取り組もう!えびの市 麓輪太鼓踊り

加藤隊員

18年9月28日(金) 15:09

今回、私がお邪魔したのは、えびの市立飯野小学校です。

こちらの学校では、子供たちが地域の伝統芸能に取り組んでいるんです!!


その伝統芸能とは麓輪太鼓踊り(ふもとわだいこおどり)です!

飯野小学校では、この取り組みを始めて、今年で11年目なんだそうです!
毎年、6年生が6月中旬から練習をはじめ、その成果を秋の大運動会で披露するのです!


麓地区輪太鼓踊り保存会の皆さんの指導の下、子供たちも真剣です!!!



子供たちがたたいている太鼓は、歴代の先輩や先生方の手作りなんだとか!



アイディア盛りだくさんで作られており、修理を繰り返しながら大事に使われています。


私も、練習に参加させていただいたのですが・・・・
太鼓を打つタイミングや、隊形の移動などもあり・・・・
なかなか難しいのです!

練習だったのですが、子供たちの演奏のすばらしさに驚きました。



そして何より、生まれ育った地域の伝統を肌で感じることは素晴らしいなと感じました。
ふるさとの歴史を知り、演奏・踊りを通して体感することで、
きっと大人になっても、ふるさとを想う気持ちは、心にいきづいていくんだと思います。


さて、一生懸命練習に励んだ子供たちの麓輪太鼓踊り。
運動会では、うまく演奏・踊りができたのでしょうか!?

どうぞ、お楽しみに♪

 

69件

1 2 3 4 5 6 7 ...23